スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ

シェイレン「ぬぅ?
       いつものようにダイアロスで寝て起きてみたら知らない場所に居た。ナニを(ry
       さて、どこじゃろうなココは。
       雰囲気的には……エルアン宮殿? いや、スルトの火竜神殿を綺麗にしたようなモノ……か?」

シェンロウ「ん? 起きたのかシェイ姉」

シェイレン「おぉ、ロウではないか。
       おぬしもココに来ていたのか。ワシをココまで運んだのはお主かぇ?」(ギリギリ

シェンロウ「ちょ、軽やかに訊きながら首を絞めようとしないでクルシイ!
       ゲッホゲホ! お、俺も気がついたらココにいたんだよ……。
       そもそも、俺はダイアロスには行ってないんだからシェイ姉を運ぶこともできねぇだろうが」

シェイレン「ぬぅ……良く考えたらそうじゃったのぅ。
       では、ココは何処なのじゃ?
       やたらと人が多いが、大陸にもダイアロスにもこのような場所はなかったと記憶しているぞぇ」

シェンロウ「あぁ、どーにも厄介なことになってるっぽいよ。
       シェイ姉が起きるまで、そこら辺の人たちから情報収集してたんだ。
       んでね、ココは大陸でもなくダイアロスでもなくて、レリクスっていう遺跡らしい」

シェイレン「れりくす?」

シェンロウ「そう、レリクス。んな場所聞いたことないだろ?
       なにそれって訊いたんだけど、どうにも話がかみ合わなくてさ。
       とりあえず、ここは未開の遺跡レリクスってことしかわかんなかった」

シェイレン「ふむ……。
       つまりワシらは、気が付けばダイアロスでも大陸でもない場所に、
       知らないうちに運び込まれた、ということになるのかぇ?」

シェンロウ「そーなるなぁ。
       俺はともかくシェイ姉まで気がつかなかったって、んなことできる奴いるのかよ……」

シェイレン「どうじゃろうなぁ。
       ワシはダイアロスを訪れて以来、ずっとハンデを背負っているようなもの…………ん?」

シェンロウ「どったの?」




シェイレン「どういうことじゃ……?
       姿はエルモニーの(ような)ままジャというのに、チカラは元に戻っているじゃと!?」




シェンロウ「シェイ姉無双はっじまっるよー」  




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。